「お客様扱い」を存分に受ける

「お客様扱い」を存分に受ける

美容院に慣れない頃は、何をどうすればいいのか戸惑ってしまうものです。美容師と何を話せばいいのか、雑誌は読んでいいいのか、コーヒーを出してもらったのに飲むタイミングがわからない、希望する髪型はあるのに上手く伝えられないなど。何度行っても美容院の雰囲気には慣れることができないという人も中にはいるようです。
人気の時計買取店はこちらです。

 

美容室、美容師にとってあなたは「お客様」なのです。ですから、美容室では存分に「お客様扱い」を楽しめばよいと考えます。美容師に気を使う必要はないのです。堂々としていましょう。

 

 

希望する髪型があれば美容師にしっかり伝え、自分の考えが伝わるまでじっくり話し合いましょう。そして美容師に任せるところはすんなりと任せる。

 

さまざまなタイプのお客さんがいて、美容師も毎日数十人と客の相手をします。美容師は客の対応に慣れているのです。それなら身をゆだねてしまえば楽なのではないでしょうか。「お客さん」としての扱いを丁寧に受けることは、とても心地がいいものです。