身なりには気を使いましょう

身なりには気を使いましょう

美容師が嫌う客はどのような人かわかりますでしょうか。美容師は直接顧客の肌や髪に触るため、不潔にしているのが一番嫌だと感じるそうです。

 

おしゃれな雰囲気の漂う場所に、全く身なりに気にかけないような姿で行くのは、普通の人なら抵抗があるはずです。しかし中には、「どうせ美容院で頭を洗ってくれるから」と数日頭を洗わずに出かけたり、着古したボロボロの服を着て出かけたりする人がまれにいるそうです。

 

逆の立場になって考えてみるとすぐにわかることです。あなたなら不潔なお客さんを相手にしたいと思いますか?いくらサービス業、接客業だからと言っても、嫌なものは嫌!ですよね。そのようなお客に対しては、おしゃれな髪型のイメージは湧かないはずです。

 

清潔でいて、いつもより少しおしゃれな雰囲気をまとって出かけましょう。美容師はあなたの姿を見て似合う髪型をイメージするため、普段より少しおしゃれでいてあまり背伸びをしすぎないぐらいが丁度いいのです。